#84 翻訳コントリビュートをやってみよう!

WordPressは世界中のさまざまなコントリビューター(貢献者という意味です)の皆さんによって作られて開発・維持されたり、世界中のさまざまな言語に翻訳されています。皆さんが何気なく使っている日本語のWordPressコア・テーマ・プラグインなども、コントリビューターの誰かが翻訳してくださったものです。

このコントリビューター、実は誰でも無料でなれます。
みなさんも、テーマやプラグインを使っていて「これ日本語になっていたらいいなあ」とか「日本語になっていたらもっといろんな日本の人に知ってもらえるかも」なんて思ったら、ぜひ翻訳コントリビューターとして参加してみてください。

いまは優れた自動翻訳ツールなども充実しており、英語力に自信がなくても十分コントリビュートできますので、ぜひチャレンジしてみましょう。また、翻訳はプラグインやテーマなど全体をやる必要がなくて、必要最低限の部分だったり、自分がやれる範囲でちょこっとやってもぜんぜん問題ありません。週に一回くらいちょこっとやってみて、少しずつ進めるのもOKです。
そして、一箇所でも翻訳が完了するとそのコア・テーマ・プラグインなどの翻訳者として名前が残ります。

このセッションでは、翻訳コントリビューターとして参加するための手順を実演しました。

ご登壇いただいた高橋さん、ありがとうございました!

WP ZoomUP の概要、参加方法、運営者情報はこちらにまとまっています。

開催概要

セッション

【登壇者ご紹介】

高橋 修 さん

SIerのデジタルマーケティング担当。
営業・営業支援・商品企画職を経て自社のデジタルマーケティングチームの立ち上げに参画。自社で提供するサービスのデジタルマーケティング企画立案・実施を担当。
著書「1週間でGoogleアナリティクス4の基礎が学べる本」ほか

登壇資料

動画

現在準備中です。公開しましたらこちらに貼り付けますので、しばらくお待ちください。

WP ZoomUP からのお願い

WP ZoomUPの運営費をWP ZoomUPのグッズ購入で運営費を応援していただけたら嬉しいです。よろしくお願いします!

スクリーンキャプチャ。グッズ販売サイトSUZURIのWP ZoomUPのショップの画面。

ステッカーやパーカーが並んでいる。

WP ZoomUP の今後をフォローしよう!